運命の指輪に出会える婚約指輪探し|理想の指輪を見つけるポイント

妊娠中でもおしゃれしたい

女性

時期に合わせて選ぶ

妊娠中は胎児が成長するに従って、10か月ほどの間に体型が大きく変化しますから、それに合わせたマタニティドレスを着用しなければなりません。また仕事をするときやフォーマルな席に参加するときなど、TPOを考えたデザインを選ぶ必要もあります。妊娠初期はそれほど体型が変わらないので、専用のマタニティドレスではなく、ゆったりめのドレスで代用することもできます。つわりを和らげるため、圧迫感のないものを選ぶのが大切です。中期から後期にかけては、本格的なマタニティドレスが必要になってきます。サイズが変化しつづけるため、ゴムやひもで調節できるようなデザインの服を選びます。着脱のしやすさを第一に考えることが大切です。

レンタルの使用も

最近ではネット通販でも、多彩なマタニティドレスを購入できます。妊娠中だからといって、おしゃれを諦める必要はありません。マタニティドレスは腹部だけが膨らんだ独特のデザインになっていますが、中には少し手直しすることで、出産後も着られるようになった服があります。一生にそう何度も着る服ではありませんから、妊娠中のためだけに用意するのはもったいないとも言えます。少しでも出費を節約したいときには、レンタルのマタニティドレスを利用する方法もあります。レンタルなら体型が変わっても合わせやすく、デザインも色々なものから選べるというメリットがあります。普段着は自前で用意し、お呼ばれのときだけレンタルを利用するのも良いでしょう。